新形プリウスに乗ってみた!試乗体験レビュー! | carlifull.com

新形プリウスに乗ってみた!試乗体験レビュー!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

マイナーチェンジされたプリウス。ハイブリットカーでナンバーワンの地位を持ち続けられるのか?

燃費、性能、デザイン申し分なしのプリウスは本当のところいい車なのか?

2日間試乗してみました。

新形プリウスの試乗体験。とりあえず乗ってみました!

プリウスは何と言っても「燃費のいいハイブリットカー」として世に出て注目を浴びました。実際にガソリン車よりも燃費がよく、燃費という売りだけでもかなりの評判を呼び、「ハイブリットカー」として唯一の一台として君臨してきましたが、その後各自動車メーカーがハイブリットカーを発売。

国際情勢でも、地球温暖化対策として京都議定書が制定され、Co2削減に向けてあらゆる分野において省エネルギー対策が見直されました。

まさにこの時代の申し子、トヨタ・プリウスが自動社会の先駆者となっています。パイオニアです。

そのためライバル車の算入による争いが起こりましたが、トップを走り続けるために、新たなるデザイン、機能を搭載して発売されたプリウス。

口コミや、カタログだけではよくわからない!ホントのところいい車なの?

ということで新型プリウスに乗ってみました!

シャープなライトの面構えが、今後のトヨタ・ハイブリットカー/EV車のデザインになるのか?

新形プリウスのデザインは?

実際見たところ、マイナーチェンジと変わらない風貌に見えました。

が・・・

近くで見ると・・・

以前のプリウスの主張が強いデザインは無くなり、というか自分は前のあの

「歌舞伎をイメージしているのか?やりすぎじゃないのか?このライトのデザイン・・・だっさ!」

とか

「テールランプ、なんでこんなラインで光るの?なんで外に角ばってるの?だっさ・・・」

と思っていました。

しかしマイナーチェンジされて

その部分がスマートなデザインに変わっています。

主張しすぎず洗練されたフォルムがやっぱり「プリウス」ですね。

なので今回のデザイン変更には満足です。

どことなくMIRAIやプリウスPHVに寄せたようなフォルム。

これこそが今後のトヨタのEV車、ハイブリット車のコンセプトなのではないでしょうか。

これが『マイナーチェンジ前のプリウス、新形よりライトのフォルムが鋭く感じますね

ついでにさらに前のプリウス。自分としてはこのデザインも好きなんです。

新形プリウス、乗ってみる。

スタートボタンを押して「D」に入れ、発信。

この静かでスムーズな出だし。ハイブリットカーならでは。です。

いや、いままでのより全然ストレス感じない。なんだこれは?

とりあえず車道に出て、前に車がいなくなったところでアクセルを強く踏んでみる。

「速い・・・」

衝撃でした。

エンジン音がほぼ聞こえない状態での加速。これこそ静寂。

ゆるいカーブを走っても、ハンドルに合わせてぴったりと車体が付いてくる感じ。

さすがパワートレーンの低配置によって重心が低くなったボディ。

昔乗ったスポーティー系の乗り心地と変わらないというよりも、それよりも快適です。

トヨタが作り出した構造改革「TNGA」は爽快感がこんなにも変わるんですね。

引用:https://toyota.jp/prius/feature/#safety

高速性能は?プリウスで高速道路に乗ってみた!

と思ったら、まず渋滞してました(笑)

お借りしているので控えめに左車線で・・・

ゆっくりしていると、なにやら右のミラーの端っこが光っている・・・

そして光らなくなる・・・

これは左側に車がいますよ。というお知らせのランプのようです。

ミラーの右側にオレンジ色のもの・・・意外と気になるといえば気になる・・・

気にするといちいち光っているので、おそらく注意して運転する。という意識をもつためのランプではないかと思いました。

渋滞を抜けて、のびのびと加速!

ハイブリットカーって、燃費が良くなるためになんだか

ケチケチと自動的に、エンジンが作動するものだと思っていました。

なぜなら、高速でぶっ飛ばしているハイブリットカーって、今まであまり見なかったんです。

たまーに、ごくたまに見ましたが、

飛ばしてるプリウスを見るとなぜか

無理してるように見えて。

というか

「いい車乗ってるんだからもっとゆったり運転しなさいよ!」

と思ったりしてました。

なのに・・・

加速が気持ち良くて

普通に右車線に出て走りました(笑)

ほんと心地よいです。

ガソリン車の場合は、エンジンの振動や、

排気音などで体感できる加速感ですが、

新形プリウスでは、そんなノイズも

ストレスと感じてしまうほどの静寂さ。

エンジン音がほんと聞こえないほどです。

エンジンが静かなのか?それとも防音がすごいのか?

どちらにしても、これを開発された方々の苦労は大変だったと思いますね。

あいかわらず、地面にぴったりとついて走る安定性は、高速走行でも相変わらずでした。

【トヨタ・プリウス】のスペックや0-100km/hの速さ加速性能、乗り心地など紹介!

引用:https://toyota.jp/prius/feature/#safety

新形プリウスは狭いのか?子供3人を乗せてみた!

というか翌日の朝、たまたま息子がサッカーの試合だったので会場まで乗せていくことに。

息子は新形プリウスということもあってか、

「きれい!」「かっこいい!」「速い!」「静かだね!」

といった感想を言っていました。私が言うより素直(笑)

汚すなよ!

帰りはチームメイトを載せて帰ることになり、後ろに3人乗せてみました。(荷物はみんな膝の上)

小学生で高学年なのですが、チームメイト二人は背が大きく、

小さい息子は端っこのドアに張り付くように乗っていました(笑)

みんなを送った後、息子に聞いたら「・・・狭いね。」とボヤく。

確かに狭くは感じますね。天井の低さと前後の隙間。ゆったりはできなさそう。

荷物を後ろに乗せていたら、

それほど狭く感じないかもです。

なので

後ろの荷台は意外と広いので

荷物は後ろにおいてから同乗させるといいですね。

狭い車に慣れていたら大丈夫ですね。でも5人パンパンという時は年間でも数えるくらいだから我慢してもらいますか。

意外とラゲッジスペースは広いです。

引用:https://toyota.jp/prius/feature/#safety

新形プリウスのカーナビは?

カーナビは今回、12インチが装備してましたが、いつも新しい車乗ると思うんですよね。

「ナビ覚えるの面倒だな・・・」って。

面倒だけど、今回は試乗なので挑戦!

と意気込みましたが、

意外と簡単でした。

見やすくて、操作もしやすいです。

スマホを登録できるそうで、そこまでは行わなかったですが、

スマホで色々とできると思うと

使いこなせたら今の時代は便利ですね。

あとUSBとMIDIの差し込みももちろんありました。

もちろんタッチパネル。画面下のボタンは押すというより触る感覚で操作ができました。

引用:https://toyota.jp/prius/feature/#safety

引用:https://toyota.jp/prius/feature/#safety

プリウスの燃費はホントに良いのか?実感できるのか?「エコ運転スコア」

実際、走行安定性や加速性、静寂性などはわかりましたが、

やっぱり燃費はどうしても気になっちゃいますよね。

二日目に気づいたんですが(販売の人は最初に教えてくれなかった)

「エコ運転スコア」って知ってますか?

いつもメーターの中で「61/100」とか「72/100」とか出てくるんです。

加速時と走行スピード?と減速のスコアもあって

信号待ちなど、停車から次の停車までが「エコ運転スコア」によって採点されるんです。

実は新型プリウスに乗って、一番ハマりました(笑)

「エコ運転スコア」の隣に、AVG18.1km/hと書いてあり

結局プリウスなんて燃費いいとかいうけど実際そんなもんか。

と思って運転していたんですが、どうやら「エコ運転スコア」が毎回高ければ高いほど「AVG.」の数値が大きくなるそうです。

つまり

燃費が良くなる運転方法を覚える教育システムですね。

それに気付いてから挑戦してみました。

最初18.1km/hだったのが最後は18.4km/hまでになりました。(たったの0.3!)

担当者に聞いてみたら、「乗り方がわかってくると22.0km/h~23.0km/h位で走ってる人多いみたいですよ。」とのこと。

ただしメーターばかり気にしていると運転が面白くなくなるかもです。つかれるし(笑)

あと安全運転のため、メーターは見すぎないようにしましょう。

最初はメーターの見方がわからなかったのですが、何とも低い点数!AVG18.1ってほかのハイブリットと変わんないよね!

操作がわかってきてやっと90点台まで行けるようになりました。慣れてる人は100点をほぼ毎回出しているそう。

どうやらですが、エコ運転の秘訣は、

「発信はゆっくりと(下り坂が最適みたい)」

「走行はアクセルを無理に踏まずにEVの範囲内で」

「ブレーキは一気に踏まずにこまめに踏みながら」

のようです。※経験上なので、もっとうまい方いたら教えてください!

【トヨタ・プリウス】の燃費や実燃費は? 燃費が向上する方法は?

危険時も察知して自動ブレーキ!これは意外とありがたい!

当然のようですが、プリウスには自動ブレーキシステム「インテリジェントクリアランスソナー」が搭載されています。

自分は安全運転に自身がありましたが、残なんながらその自動ブレーキを使ってしまいました(笑)

おそらく高齢の運転者さんだと思いますが、突然間の前でいきなり減速して右ウインカー出したんです。

「危ない!!!」と思う前に警告音が鳴り、プリウスは減速しました。

あとで聞いたところ

「30km以上で走行すると、目の前の車が急停車した時に作動します。あとコンビニなど低車から発信の時の踏み間違えの場合は、15km以上になった場合、自動ブレーキが作動します。」

とのことでした。

15km/hって微妙ですが・・・

でも自動ブレーキシステム、かなり安心です。人に対しては・・・試していませんのでというか試せません。そうならないようにまずは自分の運転意識を高めましょう。

引用:https://toyota.jp/prius/feature/#safety

新形プリウス試乗体験レポート!まとめ

いかがでしたか?

とにかくプリウスは初代から年を重ね、進化しています。

省エネ、安全、快適。

これを今の技術では最新のパフォーマンスで体感しています。

あなたも是非、プリウスに乗って見て

その快適なカーライフを過ごしてみてはいかがでしょうか?

【トヨタ・プリウス】のグレードや価格など紹介!値段・購入費用は? 

【トヨタ・プリウス】の口コミや評価・評判は?みんカラなど

次回はPHVかな?(笑)

トヨタ プリウス・プリウスα・プリウスPHVの違いは?

トヨタ 新型プリウスPHV VS トヨタ新型プリウスを比較!どっちがいいか?

トヨタ・プリウスPHVのスペックは?加速性能や乗り心地など

買いたい車が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「この新車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする