【トヨタ・プリウス】のグレードや価格など紹介!値段・購入費用は?  | carlifull.com

【トヨタ・プリウス】のグレードや価格など紹介!値段・購入費用は? 

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

トヨタ・プリウスの価格やグレード設定は、どの様になっているのでしょうか。

現在、トヨタ・プリウスの購入を検討している方の中にはどの様なグレードがあり価格はいくら位なのか知りたいと言う方も多いのではないでしょうか。

プリウスには、グレード別の価格に加えて装備品がプラスされているパッケージ仕様車も存在するため、購入前の予習として概要を把握しておきたいところです。

そこで今回は、トヨタ・プリウスに設定されているグレードや価格の紹介、購入をする際に車体本体とは別に掛かる費用の紹介などを中心に、プリウスとグレードや価格について解説をしていきます。

【トヨタ・プリウス】:プリウスにはどんなグレードが設定されているの?

トヨタ・プリウスは、1997年10月に初代となるモデルの販売が開始され2015年12月には4代目となるフルモデルチェンジが行われました。

また、2018年12月には外観の大規模な改良を伴ったマイナーチェンジが行われましたが、現行モデルのプリウスにはどの様なグレードが設定されているのでしょうか。

現在、プリウスには

  • 最上級グレードであるA Premium(プレミアム) ツーリングセレクション
  • A Premium ツーリングセレクションから装備内容を変更したA Premium
  • スタンダードグレードに位置するA ツーリングセレクション
  • A ツーリングセレクションから装備内容を変更したA
  • エントリーグレードに位置するS ツーリングセレクション
  • S ツーリングセレクションから装備内容を変更したS
  • 装備品を最小限に抑えたベースグレードであるE

全部で7種類のグレードが設定されており、ベースグレードであるEグレードを除いた全てのグレードで2WDまたはE-Fourと呼ばれる電気制御式4WDモデルが設定されています。

また、プリウスの派生車種であるプリウスPHVには、特別な架装とスポーツチューニングが施されたGR SPORTと言う特別グレードが設定されていますが、プリウスの場合には設定が行われていませんので覚えておくと良いでしょう。

【トヨタ・プリウス】:各グレードの価格はどの位?

現行モデルであるトヨタ・プリウスには、7種類のグレードが設定されている事が分かりましたが、各グレードの価格はいくら位の値段となるのでしょうか

前述した上位グレードから順に価格を並べていくと

  • A Premium ツーリングセレクション:約328万円(2WD)/約348万円(E-Four)
  • A Premium:約318万円(2WD)/約337万円(E-Four)
  • A ツーリングセレクション:約300万円(2WD)/約320万円(E-Four)
  • A:約284万円(2WD)/約304万円(E-Four)
  • S ツーリングセレクション:約273万円(2WD)/約293万円(E-Four)
  • S:約257万円(2WD)/約276万円(E-Four)
  • E:約252万円(2WDのみ)

となり、全体としてはおおよそ250万円~350万円程度で車体本体を購入する事ができます。

ただし、上記の値段は消費税額の変更や価格改定などによって変更される場合がありますので、1つの目安とするようにしてください。

また、2WDの価格に約20万円程追加された価格がE-Fourの価格となりますので、購入を検討している場合の参考にすると良いでしょう。

【トヨタ・プリウス】:グレードによる装備品の違い

トヨタ・プリウスには7種類のグレードが設定されており、価格は約252万円~約348万円に設定されていますが、グレードによる装備品の違いはどの様になっているのでしょうか。

基本的なトヨタ・セーフティーセンスと呼ばれる安全装備などは、全車で標準装備されているため違いはありませんが、外観については各グレードのツーリングセレクションパーケージで17インチサイズのアルミホイールが装着されており、その他のグレードに関しては15インチのアルミホイールが標準装着されるなどの違いがあります。

また、内装に関しては最上級グレードであるA Premium ツーリングセレクションやA Premiumの場合には本革を使用したステアリングとシートが、その他のツーリングセレクションパッケージには合成皮革を使用したステアリングとシートが採用されていることが特徴です。

それ以外のグレードについては、シート生地がファブリック生地となっている事やステアリング部分がウレタン製となっているなど、上位グレードと比べて装備品の価格が抑えられた仕様となっていますので参考にしてください。

【トヨタ・プリウス】:車両本体価格以外に掛かる費用は?

トヨタ・プリウスをなどの自動車を購入する際は、車両本体価格以外にいわゆる諸経費と呼ばれる費用が別途で発生しますが、プリウスの場合にはどの程度の別途費用がかかるのでしょうか。

プリウスの場合には

  • 自動車税:19,700円(2019年9月30日まで)
  • 自動車取得税:車両購入金額に対しての課せられる税金ですが、プリウスの場合には100%減免であるため0円
  • 車両重量税:車両の重量によって決まる税金ですが、こちらもプリウスの場合には100%減免であるため0円
  • 自賠責保険:36,780円

以上を全て足した56,480円が、税金や保険料としてプリウスを購入する際に別途で必要になる費用となります。

また、自動車を購入する際には最終的な廃車を行う際に、バンパーやエアバッグなどをリサイクルするために必要なリサイクル料金も別途の費用として必要となり、プリウスの場合には11,480円を支払わなければなりませんので参考にすると良いでしょう。

【トヨタ・プリウス】:MT車(マニュアル)の設定はある?

引用:https://bit.ly/2lS6yFo

前述した通り、トヨタ・プリウスには様々なグレードが設定されており装備品の内容も 各グレードで違いがありますが、プリウスにはMT車の設定はあるのかと疑問に思う方もいらっしゃると思います。

結論から先に言ってしまうと、プリウスのトランスミッションは全てのグレードで電気式無段変速機と呼ばれるCVTに近いトランスミッションが搭載されているため、AT車(オートマチック)のみの設定となっていますので、MT車の設定はありません

一般的なAT車は、トランスミッションの載せ替えなどでMT車に改造することができますが、プリウスの場合には変速時に必要なクラッチその物が搭載されていないため、トランスミッションの載せ替えによるMT化も行う事ができないのです。

【トヨタ・プリウス】:グレードや価格などのまとめ

今回は、プリウスとグレードや価格について解説をしてきましたが、現行モデルのプリウスには7種類のグレードが設定されており、価格は約252万円~約348万円程度となる事が分かったと思います。

また、プリウスなどの自動車を購入する際には税金や保険料など別途で費用が必要となり、新車で購入する場合には最低56,480円とリサイクル料金である11,480円が必要となりますので、これから自動車を購入する際の参考にすると良いでしょう。

買いたい車が値引き金額からさらに50万円安くなる方法

「この新車、予算オーバーだ…」
「値引きで安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒…」
「新車をお得に最安値で手に入れたい…」
「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新車の購入を検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる方は
非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところで
まともに聞いてもらえず

また聞いてもらったところで
欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザを
ご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは 30 万円の下取りが、
買取業者では 80 万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大 10 社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上るのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする